なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

ギズモ(GIZMOS) 感想(レビュー)

f:id:nayuhini:20190818215331j:image
『ギズモ』は、ガチャガチャマシーンとカラフルなボールのコンポーネントが見た目から楽しい拡大再生産ゲームです。

f:id:nayuhini:20190818215342j:image

拡大再生産というと『宝石の煌めき』『センチュリー スパイスロード』といった名作があるジャンルですが、それらにひけを取らないゲームだと思いました!

ゲームの概要

プレイヤーは科学者となって未来のエンジン『ギズモ』を作ります!

まずはボールを獲得します。ボール取ったらそれをコストに支払って装置カードを配置します。その後行ったアクションによって装置の効果が連鎖。連鎖により報酬が増えていきます。

また持てるボールの上限を上げたり、

f:id:nayuhini:20190819081324j:image

レベル3の装置を4つ設置したらそのラウンドでゲームは終了。一番高得点だったプレイヤーの勝利となります。

まとめ

評価:A

拡大再生産が好きなので、買って良かったと思います。コンポーネントの豪華なわりに価格帯も安めかと!

シンプルな拡大再生産である『宝石の煌めき』から、コンボの要素が増えて『スパイスロード』になり、更にその延長線の先にあるゲームが『ギズモ』だと感じました。

具体的に、評価すべき特徴は2つです。

1つ目は「コンポーネントがとてもオモチャっぽくてワクワクする」です。

ゲームシステムではないですが、こういうポイントもオモチャの1つであるゲームとして重要だと思っています!

もう遊ぶ前からワクワクするし、遊んでいてもワクワクする。

2つ目の特徴は「コンボがどんどん連鎖する」ことです。

ゲーム後半では1つのアクションからのコンボが爆発的に連鎖します。

これはシンプルな『宝石の煌めき』では味わえない気持ちよさですね!

またコンボが上手く繋がるように装置を選ぶのも楽しいです♪

ただいくつか気になる点もありました。

まず説明書の文字が小さい

説明書をコンパクトに収めたかったのだと思いますが、それにしても文字が小さすぎかと(^_^;)

あとはルールの解釈が揺れやすい点も気になりました。

例えば、「1つのアクションを行った際に、2つの装置の条件を充たしたら両方行えるのか、片方なのか?」など細かい疑問が色々出ました。(ちなみにこれは「両方行える」出ました解決しました)

個人的に好きな要素がマッチしてて高評価ですが、一般的にも万人向けなゲームだと思いました!

オススメ!!!!

PERGAMON 感想(レビュー)

f:id:nayuhini:20190815092740j:image

ゲーム喫茶で持ち込みいただいて遊ばせてもらいました。

「割れた仮面」という渋いパッケージがそそりますね。パッケージは見たことあるけど遊んだことのないゲームだったので、とてもワクワクしました。f:id:nayuhini:20190815092939j:image

プレイヤーは考古学者となり遺跡を発掘し、出てきた遺物を組み合わせ博物館に飾ります。一番多くの名誉を手に入れたプレイヤーの勝利です。(意訳)

ゲームシステムは競り+セットコレクション。

盤面には、5つの階層に別れた遺物タイルと、助成金カードがあります。

手番プレイヤーからボート上段のマスを選んで駒を置いていきます。

ボート上段のマスには、貰える助成金と掘れる階層が描かれています。f:id:nayuhini:20190815094523j:image

ボートが右ほど貰える助成金が少なく、掘れる階層も低いものになります。

駒の解決は右側の駒から解決していくので、より右に駒を置けば、確実に助成金が貰え採掘ができるものの、報酬は安くなります。

一方、左側に置くほど得られる助成金は増えより深い階層が採掘ができるものの、助成金には上限があり、より右側のプレイヤーが助成金を貰ってしまうと1金も貰えず掘ることもままならないリスクもあります。

これが非常に悩ましい!!

より多くの助成金が欲しいけど、欲張ると貰えない可能性も…

良くできてますね~(^^)

まとめ

評価:A

インタラクションが強いゲームは苦手なんですが、これはとても良くできてますね!

まぁ、苦手なんで最下位だったんですが、それでも高評価をつけたくなるほど完成度の高いシステムでした。

やることはシンプルなのに深いジレンマ!

最近のトレンドではないですが、色褪せない名作ですね。

しかし「これ欲しいなぁ」と思い調べたものの、予想通りプレミア価格!(-_-;)

再生産も無さそうだから手に入ることは難しいと思いますが、遊ぶ機会があれば是非遊んでみてください!

 

カヴェルナ 感想(レビュー)

f:id:nayuhini:20190815090156j:image
ウヴェ・ローゼンベルクの名作『アグリコラ』の流れを汲む重量級ワーカープレイスメントゲームです。f:id:nayuhini:20190815091412j:image

今回は農民ではなくドワーフになり洞窟を開拓をします。

アグリコラ』が有名すぎるせいで影に隠れがちですが、間違いなく名作です!

ちなみに個人的主観として70%ぐらい『アグリコラ』です。

具体的には「収穫」「畑と農作物」「子作り」「家畜」など、ベースとなるシステムがほぼ一緒です。

大きく違う点は「進捗カードが無くなり、全てオープンな部屋タイルになった」「武器を作って探索ができるようになった」の2点です。

アグリコラ』では進捗カードの引き運がありましたが、『カヴェルナ』は代わりとなる部屋タイルが全てオープンなので、より高い戦略が求められるようになりました。f:id:nayuhini:20190815091425j:image

その次の「武器を作って探索ができるようになった」が、今回一番の特徴的な要素です。

プレイヤーは「鍛冶」アクションでドワーフ(ワーカー)に武器を持たせられます。武器を持ったドワーフは「探索」アクションで、その武器のレベルに応じた報酬(資源獲得・アクション)を得ます。

また選んだ「探索」アクションによっては1アクションで複数アクション分の報酬を得られるので非常に強力!

ただし「探索」アクションの数が限られているため、皆で取り合いになると必ずしも最善手とも言えないのが、とても上手くできてます!

まとめ

評価:A

これは『アグリコラ』より楽しいかも?!

運の要素がより薄まったのと、何より「探索」アクションが上手く使えたときの爽快感が最高!!

やってることはほとんど『アグリコラ』なんだけどね。

とはいえ、あくまで重ゲーに慣れた意見だと思います。ゲームに慣れてない人にはちょっと重すぎて辛いかも。(^_^;)

特に部屋タイルが全てオープンになった分、かなり情報量増…。

対応策として、部屋タイルの一覧を人数分用意したら、他プレイヤーのダウンタイムに目を通せるようになって、ルールの理解促進・ストレス緩和に繋がりました!

万人にはオススメできないけど、重ゲー好きには一つの終端になる作品だと思います。

オススメ!!!!!

welcome to… 感想(レビュー)

1950年代アメリカのニュータウン開発をテーマにした紙ペンゲーム。f:id:nayuhini:20190805223302j:image

同じ紙ペンゲームの『ガンシュンクレバー』よりも複雑で深いジレンマを味わえながら、ランダム要素も強いため勝ち筋が読みづらく何回でも楽しめる良作です!

ゲームのルール

使うのは「都市計画カード」「建築カード」の2種類のカードと個人シートだけのシンプルな構成。

f:id:nayuhini:20190805223320j:imagef:id:nayuhini:20190805223339j:image

カードの説明

「都市計画カード」は達成条件が書かれていて、条件を充たすと得点になります。n1~n3の3つのクラスがあり、各1枚ずつランダムで選んで公開します。最初に達成したプレイヤーだけ高得点がもらえ、それ以降は一律少なめの点数が得られます。f:id:nayuhini:20190805223358j:image

「建築カード」は、表面に1~15までの数字が、裏面には6種類のアイコンが描かれています。

f:id:nayuhini:20190805223441j:image

これを3つの山に分けて表を上に置きます。各山から1枚めくって裏向きで置きます。

山札の上には数字の書かれた表面とアイコンの描かれた裏面の組み合わせが、3組できます。


f:id:nayuhini:20190805223420j:image

個人シートの説明

個人シートの上部には、街が描かれています。

f:id:nayuhini:20190805223339j:image

横向きの道路が3本あり、それに沿うようにいくつかの家が建っています。

プールのある家がいくつかあります。

個人シートの下部には、カード裏のアイコンやそれに伴う入力欄があります。

最下部には、得点計算用の空欄があります。

ゲームは手番制ではなく全員同時に行います。

プレイヤーは、3組のカードの組み合わせから1つ選びます。

選んだカードの数字を家の屋根に書きます。

なお、数字は左から昇順で書かなければいけません。

f:id:nayuhini:20190805223520j:image

つまり右に行くにしたがって、大きな数字になるように書かなければなりません。

なお、カードは1や15など両極の数字が少なく、8など中央の数字が多く入っています。

どうしても数字が書けない場合は、下段右の建築不許可列のスペースにチェックをします。これはペナルティとして最後にマイナスとなります。

数字を書いたら、次に裏面の効果を得ます。これは任意の行動なので、解決しなくても良いです。

建築カード裏面の効果

  • 測量士(白+茶)
  • 造園業者(緑)
  • 不動産業者(紫)
  • プール製造会社(青)
  • 労働者派遣会社(黄色)
  • BIS(増築・ピンク)

測量士は家と家の間に柵を設けます。

これによりいくつかの区画に分けられて、都市計画カードの条件や、不動産価値を判定するときに使う重要な要素になります。

造園業者は、数字を書いた家のある行の右上にあるスペースにチェックをします。これにより得られる得点が増えていきます。

不動産業者は、柵で囲われた戸数(1~6)ごとにチェックがつけられます。チェックをつけた戸数の得点倍率が上がります。

まとめ

評価:B+

遊ぶ前は「『ガンシュンクレバー』よりも複雑そうだなぁ。紙ペンゲームはやっぱりシンプルさが重要!」と思っていましたが、まぁ何てことない。遊んでしまったら、面白かったです!!(^_^;)

カードの裏表の組み合わせを使ったシステムは『キャット&チョコレート』を彷彿とさせるけど、この組み合わせがダイス以上の複雑さを生み出していますね。

毎回どのカードが出るかわからないけど、カード枚数の内訳がわかっているので、ある程度予想が立てられるギリギリのバランスが上手いなぁ、と思いました。

人数も100人までと、個人シートがあれば同時に何人でも遊べるのが便利ですね!

コスパも良いし、拡張も出ているので長く遊べそう!

正直「評価A(購入すべし)」も検討しましたが、一旦「B+(買って良かった)」で!

ペンゲームに外れなし!オススメ!!!!

ラマ 感想(レビュー)

2019年のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)ノミネート作品であり、ライナークニツィアらしい名作です。

f:id:nayuhini:20190728120854j:image

勝っても負けても楽しい運要素高めのトリックテイキングです。

ゲームの概要

何ラウンドか行いマイナス点が40点になったプレイヤーの敗けとなり、ゲームが終了します。

ゲームの準備

カードとコインを箱から出します。

コインは全員の手の届く位置にまとめて置きます。

カードの内訳は1~6の数字のカードとラマの描かれた7種類が各8枚です。f:id:nayuhini:20190728165720j:image

山札をシャッフルして各プレイヤーに6枚ずつ配ります。

山札を裏向きで中央に置き、一枚めくって山札の横の捨て札置き場に公開します。f:id:nayuhini:20190728165222j:image

最後にスタートプレイヤーを決めたら準備は終了です。

『ラマ』のルール

スタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていきます。

手番では3つのアクションから、どれかひとつを行います。

  • 手札から1枚出す
  • 山札から1枚引く
  • 降りる(パスする)

基本は、手札からカードを出していきます。

手札からカードを出す場合、捨て札のカードと"同じ数字"または"1つ高い数字"だった場合のみ出すことができます。

"ラマ"のカードは、"6"または"ラマ"のカードの上に出すことができます。

また"1"は"ラマ"または"1"の上に出すことができます。

手札からカードを出せない、出したくない、まだ降りたくない場合に、山札からカードを引きます。

ラウンドの終了時に手札が負け点となるため、手札を引くのはリスキーな行動でもあります。

手札がまだ残っていても降りることもできます。

カードを出せず手札の合計値がそれほど高くない場合、山札から下手なカードを引くよりも降りた方が安全な場面もあります。

誰かが手札を全て出したか、全員が降りた場合、そこでラウンドが終了し得点の計算を行います。

手札の手札の合計分のチップを取ります。

ラマは10点です。

白チップは1点、黒チップは10点です。

手札を全部出して上がったプレイヤーは、ボーナスとして好きなチップを捨てることができます。

得点が40点を越えたらそのプレイヤーの敗けとなり、ゲームが終了します。

まとめ

評価:B

ちょっと大味ながらシンプルに楽しめる良いゲームでした。

運要素強めで勝ち負けをコントロールするのは難しいのかな?と思いましたが、サクサクと回しやすく何回か回せば均等化するので、あまり気になりませんでした。

そもそもパーティーゲームだから、そこまで勝ち負けは気にしないか(^_^;)

分かりやすく"何かが凄い"わけではないので、評価はちょっとおさえめにしました。

個人的には『ブウドゥプリンス』の方がジレンマの深さを感じて好きだけど、手札を出しきれたときがとても気持ちよさや、誰かがラマを出した時に「ラマタイムきたー!」と盛り上がれるのはとても楽しいです♪

軽くて盛り上れるカードゲームとしては超優秀なのでオススメです!!

インペリアルセトラーズ 感想(レビュー)

f:id:nayuhini:20190629170928j:image
パッケージは気の良い農民のおじさんが犬と歩いている牧歌的な雰囲気ですが、一切そんなことはありません。(^^;

プレイヤーは、エジプト・ローマ・日本・蛮族の4つの文明のいずれかのインペリアル(エンペラー=帝)となり、一番の帝国を目指します。

f:id:nayuhini:20190629171021j:image

ゲームシステムは王道な拡大再生産です。

手札から建物を建てて、生産能力や能力を強化していきます。

全部で5ラウンド。1プレイ1時間強程度で遊べます。

ゲーム終了時に、一番勝利点の高かったプレイヤーの勝利です。

説明書の情報量は多めですが、基本ルールは少なく読みやすかったので、遊びながらルールを覚えていけば簡単に遊べると思います。

まとめ

評価:B+

王道の拡大再生産でありながら、カードの効果を連携させるデッキ構築要素もあり、とても楽しいゲームでした。

どの建物を建てるのか、その先どんな風に成長させるのか、とても悩ましく良いジレンマを味わえます…(>_<)

陣営ごとに能力が異なるので「今度は、あの陣営使ってみたい!」となるのが良いですね。また「もう一手番あれば、、、」となるぐらいで終わるので、あわせてリプレイ性が高いです。 

ただし、他プレイヤーの直接攻撃があるので、かなーり好き嫌いが別れそうだと思います。

また、各専用デッキに「え?!これバランス壊さない?!」と疑いたくなる強いカードがあります。

ただし全員に何かしら強いカードが入っているので、全体のバランスを壊すものではありません。(早めに引けるかどうかの運はあるかと思います)

でも、これきっと"意図的"にバランスを崩しにきていると思うんですよね。

その分、上手く強いカードがはまったときにしか味わえない爽快感があるんですよ!(^^)

このゲーム、バランスの良い"優等生なゲーム"ではないので、万人におすすめできるゲームではありません。

でも最近はボードゲーム市場も醸成されて、バランスの良い上質なゲームが多く出てきているので、あえてのこのバランスも良いのではないでしょうか!

ちょっと刺激が欲しい人にオススメ!!!

ランスロット 感想(レビュー)

f:id:nayuhini:20190529131947j:image

ゲームの概要

今日は大きな騎士の大会。なのに君の騎士は酒を飲んで酔っ払っていました。急いで装備を整えて大会に出させましょう。というテーマのゲームです。

もうこれだけでおバカな感じがしていて良いですね~(^^)

カードを引いて装備を交換したり、押し付けたりして一番良い装備の騎士の勝利となります。

具体的には「兜」「鎧」「槍」「盾」「靴」の5箇所の装備カードの得点を合計して、一番得点の高かったプレイヤーの勝利です。

ゲームの準備

装備カードを全てシャッフルして山札にします。

各プレイヤーは山札から5ヵ所の装備カードを1枚ずつ引いて、自分の前に置きます。

裏向きで、どんな装備かわからない状態で始めます。

f:id:nayuhini:20190529131908j:image

カードの表面には、下部に0~5までの点数と、上部に「カードを見る」「カードを交換する」などの効果を表すアイコンが描かれています。

↓こんな感じ。

f:id:nayuhini:20190529131927j:image

馬カードをシャッフルして、各プレイヤーに1枚ずつ配ります。f:id:nayuhini:20190529132706j:image

配られた馬カードは表向きで自分の騎士の横辺りに置いておきます。

これで準備は完了です。

ゲームの進め方

スタートプレイヤーは装備カードの山札から1枚取り表面を確認します。

そのカードを、その箇所の今の装備と交換するか、カード上部のアイコンの効果を得るか、選択します。

装備を交換する場合、最初の装備カードを山札の隣のカード捨て場に表向きで捨てます。

捨てた結果「実は良い装備をしており、点数が下がってしまった」ということもあります。

カード上部にアイコンが描かれていて、装備を交換しない場合、捨て札にすることでその効果を得ることができます。

効果を受けずに、ただ捨てることも可能です。

効果一覧

f:id:nayuhini:20190529134006j:image

上からアイコンと効果の説明

  • 自分の装備カードを1枚見る
  • 他プレイヤーの装備カードを1枚見る
  • 自分の装備カードを2枚見る
  • 自分の装備カードを1枚表にする
  • 他プレイヤーの装備カードを1枚表にする

f:id:nayuhini:20190529133927j:image

  • 自分の装備カードを他プレイヤーの同箇所の装備カードと交換してもよい
  • 任意の装備カードを1枚見た後で、自分の装備カードを他プレイヤーの装備カードと交換してもよい
  • 自分の装備カード1枚と他プレイヤーの同箇所の装備カード1枚を見た後で、その装備カードを交換してもよい
  • 自分の馬カードを他プレイヤーの馬カードと交換する

装備を交換する、もしくは効果を受けたら手番は終了、次のプレイヤーに手番が移ります。

次のプレイヤーからは、山札からカードを引く以外に、捨て札の一番上を引くこともできます。ただし捨て札から引く場合は"装備を交換することのみ"しかできません。

ゲームの終了

「自分の装備が一番強い!」と思ったら、自分の手番に、装備カードを引かずに馬カードを騎士の上に置きます。

これがゲーム終了の合図です。

他のプレイヤーが、最後に1回ずつ手番を行ってゲーム終了です。

得点計算

全ての装備カードを表向きにして、得点を合計します。さらに馬カードの上部に「+1」「-1」があれば、それも合計します。

馬カードに「カード+」のあったプレイヤーは装備カードの山札の一番上を見て、装備を交換することもできます。

最終的に1番得点の高かったプレイヤーの勝利となります。2位の得点との差が勝利点となります。勝利点の数の聖杯を受け取ります。

馬カードに聖杯のアイコンが描かれていれば、勝敗に関係なく聖杯を1つ受けとります。

プレイヤー人数に規定された勝利点になったプレイヤーの勝利となります。

まとめ

評価:B

プレイ人数:2~6人

プレイ時間:20~30分

運要素が高めのチキンレースです。

良い意味で馬鹿馬鹿しくて盛り上がります!

気になる点は、馬カードのバランスです。

+1と-1では2点差も出てしまい、開始時点で有利不利が出ます。

またあと1聖杯で勝てるときに聖杯マークの馬カードを引いてしまうと、状況によっては勝ちが濃厚になるのでしらけてしまう状況も…

ともかくテーマもアホっぽく取っつきやすくて楽しかったです!