なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

ガンシュンクレバー

『BrettspielWelt』でWeb版の『ガンシュンクレバー』が開始されたので、最近はずっとこれで遊んでます。

GanzSchönClever - Schmidt Spiele

ようやく200点台後半が安定して出せるようになってきたので、気が付いたポイントを書いていきたいと思います。

全部埋めたときの得点効率が良いのは何色?

青:11マス=56点/1マス約5点
黄:32マス=60点/1マス約1.9点
緑:11マス=66点/1マス6点
橙と紫は出目の値に依存するので6面ダイスの期待値3.5×11マスとして合計38.5点。全部6で埋めても66点。

こうやって見ると『緑』が効率よく思えますね。
※上記は得点だけに注目した見方なので、本来はボーナス込みで検討が必要。

また黄色の効率の悪さが目立ちますが、一番右の列をそろえれば3マスで20点(1マス約7点)なので部分的に埋めればとても効率が良いです。
黄色のおススメの埋め方は『工型』と呼ばれる”工”の字のように埋める方法です。真ん中2列で30点を獲得しつつ、上下の行のボーナスで『+1』『青X』『赤い狐』と重要なボーナスが貰ます。

結局は『赤い狐』ボーナスのためにどの色も手が抜けず、どこかの色を狙って全てを埋めるのも難しいですが『青』は埋まる事が多いですね!

最初のダイスは『緑』『黄』『青』がおススメ!

まずは基本的なところから。
最初のダイスはあまり数字の高い出目のダイスを選ぶことが出来ないので、出目の数値が得点に直結しない『緑』『黄』『青』を選ぶのがおススメです。
逆に3つ目で高い出目の『橙』もしくは『紫』の6であれば迷わず選択すると良いです。

f:id:nayuhini:20180712235744p:plain

序盤は『+1』ボーナスを狙おう

ボーナスの中でも一番柔軟な使い方が出来る『+1』ボーナスを優先的に狙っていきましょう。
ただし『紫』の12マス目の『+1』ボーナスは埋めるのが大変なので無理して狙わなくてもよいです。それ以外が獲得出来たのなら次に重要な『赤い狐』ボーナスを狙いに行くのをおススメします。

f:id:nayuhini:20180712235845j:plain

『+1』ボーナスの使い方

『紫』の6は最重要です。『紫』のラインは得点はそこまで伸びませんがボーナスが多く、また出目が得点に直結することや、左のマスよりも大きな数字を置かねばならない特性から『紫』の6を置けるメリットは、他よりも重要になります。
それ以外では『青』の2、または12と、『緑』の5以上も出にくいマスなので下手にダイスが出るのを待つより『+1』ボーナスで埋めていきましょう。
また『+1』を使うタイミングですが、最後まで残さずに必要に応じてドンドン使っていきましょう。

f:id:nayuhini:20180713000051j:plain

最後に

まだまだ研究途中なので他にも効率の良いやり方があるかと思いますが、参考になれば幸いです!

ではよいダイスライフを!

Fallout(ボードゲーム) 感想

f:id:nayuhini:20180701151256j:image

人気ビデオゲームの『Fallout』のボードゲーム版が発売前から話題で面白そうだったので買って遊んでみました。

うん、厳ついパーケージ。惚れ惚れする。

恥ずかしながらビデオゲームの方は遊んだことがないため「Fallout 世界観」で検索し予習してみました。

ふむふむ、米中核戦争から200年ほどたった世界で文明は崩壊、valtというシェルターで人類が生き残っているも、 シェルターの外では放射能に汚染されたミュータントやゾンビなようなものが闊歩している。そんな中でも一部の人間が派閥を組んで争っている。

ゲーム内の文化は、1950年代位のクラシカルなアメリカをベースにロボットなどオーバーテクノロジーも点在している、と。

うーむ、『マッドマックス』のような退廃したパンクさとゾンビとSFに懐かしさをプラスしたような魅力溢れる世界観!

これは人気が出るわけだ、納得。

ゲームシステムの概要
f:id:nayuhini:20180701151331j:image

ゲームはラウンド制でスタートプレイヤーから順番にターンをこなしていきます。

プレイヤーはターン中に、移動や探索、戦闘にイベントの解決、休息を行えます。

マップを探索し、敵との戦闘でレベルアップしたり、イベントを解決してアイテムやお金を獲てアイテムを売買したりと、かなり"ゲームっぽい"感じで楽しいです!

またゲームの勝敗は、勝利点として名誉点を規定数に最初に到達したものが勝者となります。(規定数はプレイヤー人数に依る)

名誉点を得るためには、イベントで貰える指針カードが一番身近な方法です。指針カードを持っているだけで名誉点が発生し、更に指針カードに書かれたことを達成することで追加の名誉点を得られます。

ゲームの感想

評価:B+

デジタルゲーム版を遊んでいなくても楽しく遊べました。世界観を楽しむ部分も大きかったので、デジタル版の経験者ならもっと楽しく遊べたのだと思います。

ただ、このゲームは"イベントを解決するRPG的な楽しさ"が軸にありながら、勝利条件と組み合っていないように思えました。勝利に向かって最短で進めると物語を楽しめず味気ないプレイになりそうな気もします。

あんまり個人の勝利にこだわらず、みんなで楽しむように遊ぶのがオススメです。


f:id:nayuhini:20180701152954j:image

 

ブゥドゥープリンス 感想

f:id:nayuhini:20180602194830j:image
先に上がるほど安全だけど得点は少なく、後になるほど得点は多くなるが、最後に残ってしまうと微々たる得点しか得られないチキンレース要素の強いゲームです。

プレイ人数:2~5名

プレイ時間:20分

ゲームの概要

使うのは、数字が書かれた5色のブゥドゥーカード(右)と、色だけが描かれた切り札カード(左)だけです。
f:id:nayuhini:20180602195450j:image

プレイ人数に応じたブゥドゥーカードを配り各プレイヤーは手札とします。

切り札カードはシャッフルし、1枚めくって場に公開します。

これで準備は終了です。

スタートプレイヤーから時計周りで手札を1枚出していき、出された色と数字で勝敗を決めていきます。

スタートプレイヤーは何色のカードでも出せますが、次のプレイヤーからは「スタートプレイヤーの出したカードの色」、もしくは「切り札カードと同じ色」のカードが手札にあれば、出さなければなりません。(手元にどちらも無ければ任意の色のカードを出します)

全プレイヤーが出したカードを見比べます。まずは色を見比べたあとで数字で比べます。

切り札カードと同じ色のカードを出したプレイヤーがいたら、それ以外の色のカードを出したプレイヤーは敗けになります。

残ったプレイヤーが複数いたら次に数字を比べます。0(ゼロ)が最強でそれ以外は数字が高いほど強くなります。

買ったプレイヤーは、その勝負で使われたブゥドゥーカードをまとめ、自分の前に裏向きで山にして置きます。(もし5か7であがった場合は2つに分けて置きます)

それを繰り返し、その山が3つたまったプレイヤーからあがっていきます。あがったときの全プレイヤーの前にある山の合計数がそのプレイヤーの勝利点となります。

プレイヤーがあがるほど山の数が増えていき高得点になっていくのですが、最後の1人になってしまったプレイヤーは自分の山の数のみしか勝利点がもらえなくなってしまいます。

これを5ラウンド繰り返し一番多く勝利点を持っていたプレイヤーの勝利です。

まとめ

評価:A

これはよくあるシンプルゲームかと思いきや何気に奥深いゲームですね。

さすがのクニツィア作品!

リスクとリターンが釣り合っていて、高得点を狙うかそこそこで安全に行くか、状況を読みながらカードを選ぶのがとても面白いです。

カードゲームは『インフェルノ』のような緊張感のあるゲームが好きなんですが、その対局にあるような地味に悩ましいゲームでこれはこれでとても良いですね。

おすすめ!

カルバ 感想

f:id:nayuhini:20180529212011j:image

カルバ島を訪れた4人の探険隊を遺跡に導いて、より素晴らしい財宝を手にしましょう!

プレイ人数:2~4名

プレイ時間:30分

ゲームの概要

プレイヤーは各自に配られたカルバ島のマップボードに、道が描かれたマップタイルを配置して探検家と遺跡を道で繋ぎます。タイルは配置せず捨てることで探検家を進めることができます。

探検家はクリスタルや黄金が落ちているタイルで止まったらボーナスを得ます。

全てのタイルを置ききった、もしくは誰かが全ての探検家を遺跡に導いたらゲームは終了します。得点を計算して一番得点の高かったプレイヤーの勝利となります。

 ゲームの感想

2016年のドイツゲーム賞の最終選考に残った作品。かなりシンプルでプレイ感もライトです。

HABAらしい子供が楽しめる作品になっていると思います。

マップタイルは全プレイヤーが同じタイルを同じ順番で使うのに、プレイヤー次第で置き方が違ってくるのがとても興味深いゲームですね。

まとめ

評価:B-

探検がテーマなのは男子心をくすぐって良いですね。

ルールも簡単でインストも短時間で済むため、パッと手軽に遊ぶには良いゲームだと思います。

ただ手番で行える選択肢が少ないので、工夫の幅が狭く、最善手を目指すと行動が被りがちになってしまうのが難点なところかと。

それとトークンが豪華なぶん、定価に対してシステムのシンプルさにコスパが悪く感じました。価格で悩むならカードゲーム版の方も検討してみると良いと思います。

カルバ・カードゲーム 感想 - なゆひにボドゲ雑記

他にも探検テーマなら『コスタリカ』は安価で入手しやすくオススメです。

コスタリカ 感想 - なゆひにボドゲ雑記

GANZ SCHON CLEVER(ガンシュンクレバー)感想

f:id:nayuhini:20180525224849j:image

ドイツ年間ゲーム賞2018にノミネートされた『GANZ SCHON CLEVER(ガンシュンクレバー)』です。一言でいうとダイスを使ったビンゴゲームですね。

プレイ人数:1~4人

プレイ時間:30分

ゲームの概要

振ったダイスの色と出目を見て、付属のシートの対応した箇所を埋めていきます。埋めていくと様々な条件でボーナスを獲得できるので、それらを上手く使ってより多くの得点を得るために使っていきます。

プレイヤー人数ごとに規定されたラウンド数が終わったらゲーム終了です。
f:id:nayuhini:20180525224903j:image
各ダイスの色の得点とボーナスを合計し一番勝利点の高かったプレイヤーの勝利となります。

 ゲームの感想

さすがドイツ年間ゲーム賞にノミネートされるだけある作品ですね。

どのダイスを獲得するかとても悩ましい、、、。

そしてどのダイスを残すのかもとても悩ましい、、、(笑)。

後半に行くにつれボーナスが貰えることが多くなり、そのボーナスが連鎖すると、とても快感です!!!

トークンはシートとダイスだけなのにこれだけのものが作れるというのは、同人ゲームに夢を与える作品かと!

 まとめ

評価:A

アイコンなど色々と覚える事は多いですが、ゲーム自体はシンプルで比較的初心者でもとっつきやすい作品です。

そして値段も安い!このお値段は相当コスパ良いです。

30分程度で終わるので、もう一回遊びたくなるちょうど良いバランスです。

問題があるとすれば、シートが消耗品ということでしょうか。

個人的に消耗品のあるゲームはちょっと抵抗感があるんですよね。

という事でシートのデータを自作しました。

興味あるかたは下記からDLできますのでご自由にどうぞ~。

【おまけ】特製シートデータ

『GANZ SCHON CLEVER(ガンシュンクレバー)』には得点シートが付いていますが、「付属シートを使い切った」「付属シートを使いたくない」方向けにPDFデータを作りましたので置いておきます。

手前みそですが、製品付属のものよりも使いやすいかと思います。(笑)

カラープリントをしてお使いください。

【A4:2人分】

A4で2人分のシートです。勝利点の計算もついています。

f:id:nayuhini:20180525221956p:plain

GANZ_SCHON_CLEVER-sheet【2P】.pdf - Google ドライブ

【A4:1人分ルール注記あり】

シートに各説明や記入例を記載してあり初心者でもスムーズにゲームを進行するための補助資料です。

※2018年6月9日シートデータに誤りがあったため、更新しました。

※2018年6月10日、記入例を追記しました。

f:id:nayuhini:20180525221835p:plain

GANZ_SCHON_CLEVER-sheet【rule】.pdf - Google ドライブ

illusion(イリュージョン) 感想

カードに描かれたさまざまな模様から既定の色がどれだけの面積を占めているかを推測するゲームです。

プレイ人数:2~5名

プレイ時間:15分
f:id:nayuhini:20180521121344j:image

ゲームの概要

山札から1枚ずつカードを引いて、矢印カードの色の総面積が多い順番に並べていきます。自分の手番に並び順が間違っていると思ったらカードを裏返して、使用パーセントを確認します。予想通りに並び順が間違っていたら自分が得点として矢印カードを獲得、もし予想が外れていたら自分の前の手番のプレイヤーの得点になります。最初に矢印カードを3枚そろえる、もしくは矢印カードが無くなった際に一番多くの矢印カードを持っていたプレイヤーの勝利となります。

ゲームの感想

ルールは単純なのに、カードによっては精緻な判断が難しい場面もあり、他のゲームとは違ったジレンマがあります。

パーティーとしての爆発的な派手さはありませんが判定時もみんなでドキドキしながら確かめるので地味に盛り上がります。

よくある数字カードを使ったゲームや大喜利ゲームとは一線を画す斬新なゲームなので、手持ちのカードゲームに物足りない人にオススメです。

また小難しい事がなく、大人と子供が平等に遊べるのが特に貴重な点だと思います。

まとめ

評価:B(子供と遊ぶならA)

"最高に面白い"や"とても盛り上がる"わけでは無く「子供でも平等」「斬新さ」の点で評価しました。

よくある「シンプルで簡単に楽しめるゲーム」の1つですが、こんな独創的なゲームが色々とでてくると良いな、と思わせてくれます。軽いゲームをいくつも遊びたい人にもオススメですね!

illusion(イリュージョン) インスト用資料

ゲームの概要

f:id:nayuhini:20180512183806j:image

引いたカードの絵柄を見て、指定された色の割合が多い順番に並べていくゲームです。

簡単なようですが、複雑な模様のせいで"なんとなく"でしかわからない感覚が試されます。

色の割合を見て判断するだけだから子供でも充分に遊べるカードゲームです。

プレイ人数:2~5名

プレイ時間:15分

言語依存:無し

ゲームの感想はこちら

illusion(イリュージョン) 感想 - なゆひにボドゲ雑記

ゲームの内容物

矢印カード
f:id:nayuhini:20180512183729j:image

赤・青・黄色・緑のカードが各3枚、計12枚入ってます。このラウンドでどの色をプレイするのかを指定するカードです。

カラーカード

表面

f:id:nayuhini:20180512184528j:image

表面は、4色で様々な模様が描かれています。

裏面

f:id:nayuhini:20180512184552j:image

表面で使われていた色の割合が書いてあります。

ゲームの準備

矢印カードとカラーカードをそれぞれシャッフルして山札を作ります。矢印カードは裏面を上に、カラーカードは表面を上にして中央に置きます。それぞれ1枚ずつめくり表面を上にして置きます。山札もその近くに置いておきます。

ゲームのルール

スタートプレイヤーはカラーカードの山札の上から1枚取ります。今回取ったカードを場に出ているカラーカードを見比べて、矢印カードで指定された色の割合が多いと思ったら場に出ているカラーカードの右側に、少ないと思ったら左側に配置していきます。

次の手番のプレイヤーも同じようにカラーカードを並べていきますが「正しい順番に並んでいない」と思ったら答え合わせをします。

並んでいるカラーカードをめくると各色の使われていた割合が書いてあり正解か確認できます。

思った通り"正しく並んでいなかったら"得点となり、"正しく並んでいた"なら前の手番の人が得点します。

得点として矢印カードを受けとります。

使った矢印カードとカラーカードは脇に避けて、新しい矢印カードとカラーカードを1枚場に出して次のラウンドを開始します。

ゲームの勝敗

初に3枚の矢印カードを獲得したプレイヤーの勝利です。