なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

インフェルノ 感想

一見、『UNO』のようなシンプルなカードですが、なかなかに盛り上がるパーティーゲームですね。
f:id:nayuhini:20170717220219j:image

ゲームの概要

人数:3人~7人

時間:10分

5色×1~5までの数字が書かれたカードで構成されています。
f:id:nayuhini:20170717220240j:image

プレイヤーに各12枚ずつ手札を配ります。

残った山札の一番上のカードをめくって表にします。

このカードの色と数字がこのラウンドの基準となります。

スタートプレイヤーから、そのカードと”同じ色”もしくは”同じ数字”のカードを手札から選んで、自分の前に出しています。

※UNOと違って基準となるカードに手札のカードを重ねたりはせず、基準のカードの色と数字はこのラウンドの間ずっと基準となります。

カードが出せない、もしくは出したくない場合は、各プレイヤーの出したカードと基準となったカードを引き取って負け札とします。

引き取ったプレイヤーは手札から1枚だして、このカードの色と数字が次のラウンドの基準となりゲームを再開します。

プレイヤーの誰かが手札がなくなったら「アウト」と宣言し、そのラウンドで誰かが引き取るとゲームが終了となります。

最後に負け札の計算をしますが、赤色のカードだけはカードに書かれた数字が負け点となり、それ以外の色は枚数が負け点となります。一番負け札の多かった人の敗けとなります。

ゲームの感想

評価:B++

ゲームはこれ以上ないぐらいシンプルで説明も簡単です。

それなのにワーワー盛り上がれるとても良いゲームだと思います。

いかに赤色のカードを引き取らないように立ち回れるか、手札のリソースを管理するのがとても悩ましい。

誰かが赤色のカードを出し始めたら他のプレイヤーも引き取りたくないから赤いカードを出し始めて、一気にリスクが急上昇するのはとてもよくできたデザインだと思います。

パーティーゲームなので深い戦略があるわけではないですが、『ニムト』『ハゲタカのえじき』『コヨーテ』と同じぐらいのゲームが欲しい時には良いゲームだと思います。

おすすめ!!!

広告を非表示にする