読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

そっとおやすみ 感想

3人可能 4人可能 5人可能 6人可能 7人可能 評価:B ボードゲーム感想

シンプルながら注意力や演技力が求められる駆け引きが楽しいゲームです。

ゲームの仕様

プレイ人数:3~7人

プレイ時間:15分

ジャンル心理的駆け引き
f:id:nayuhini:20170318184949j:image

上段左から『』『説明書』『スタートマーカー

下段左から『手札』『ジョーカー』『得点札

ゲームのルール

配られた5枚の手札を、ババ抜きのように手札を隣のプレイヤーと1枚づつ交換して、同じ絵柄が4枚になるようにします。

手札にはジョーカーも入っているため簡単に絵柄は揃います。

同じ絵柄が4枚揃ったプレイヤーは他のプレイヤーに気がつかれないように、そっと手札を伏せます。

他の誰かが伏せた事に気がついたら、他のプレイヤーも手札がどうあれ手札を伏せます。

周りが伏せているのに気がつけず、一番伏せるのが遅かったプレイヤーが負けになります。

ゲームの感想

評価B+

ゲームはこれでもないぐらいシンプルです。

だけど不思議なぐらい盛り上がります。

このゲームは二重構造になっており、一見同じ絵柄を揃えるだけのシンプルなゲームのようですが、その本質は駆け引きを楽しむゲームです。

絵柄が揃った場合、周りに悟られず手札を伏せるため、皆の意識を他に向くように会話をしたり、手札を渡したりします。これがとても緊張感があり、かつ自然にこなさなければならず演技力や大胆さが求められ、非常に高度な駆け引きが発生します。

好みとしては、論理的な戦略を必要とするようなゲームが好きなんですが、プレイ人数や価格、プレイ時間、ルールの簡易さを考えると汎用性がとても高く、遊ぶ機会が多いため評価を高めました。

メインになるゲームではないですが、持っているとゲーム会のゲームの合間やスタート時に重宝するゲームだと思います。