読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

ダンジョニング 感想

ボードゲーム感想 2人可能 3人可能 4人可能 5人可能 評価:B

ゲーム概要

f:id:nayuhini:20161221185435j:image
8bit風なダンジョン探索ゲーム。

プレイヤーの一人が魔王となり、残りのプレイヤーは勇者としてダンジョンを探索する多対一の協力&対戦ゲームです。

勝利条件

魔王は山札か尽きる(=魔力をためきった)、もしくは勇者全員を倒したら勝利です。

勇者はダンジョンの奥にいる魔王の居場所にたどり着ければ勝利です。

ルール概要

準備

まずは勇者は職業を12種類の中から選びます。勇者の人数が2人の場合は2枚選びます。

各職業には特殊能力があり、また最大体力も異なります。

魔王は妨害カードから3枚選びゲームから除外します。残りの妨害カードを山札とし、上から3枚を取り手札にします。

次はマップの作成です。

玉座カードを左上に、入り口カードを右下になるように5マス×4マスの大きさでマップカードを裏面で敷いていきます。

マップができたら魔王のミープル(黒)を玉座カードに、勇者のミープルを入り口カードの上に起きます。

これで準備は終了です。

手番説明

まずは勇者のターンです。

勇者は『1.待機』『2.移動』『3.能力』のいずれかの行動ができます。

待機をすると体力を1回復できます。

行う行動を決めたら、行いたい行動を上向きに行動カードを一斉に出します。

行動は『1.待機』『2.移動』『3.能力』の順番で解決します。

移動をするとまずはマップカードをめくります。マップには様々なトラップや回復の泉がかいてあります。能力を使いながら魔王の玉座を目指しましょう。

次は魔王のターンです。

魔王は『魔力をためる』『妨害する』『手札を入れ換える』の3つから行動を選びます。

魔力をためるには手札から一枚を選び裏面で場に出します。妨害するには手札から一枚を選んで表面で出します。妨害カードには必要な魔力が書かれており、場に出ている魔力が足りないとそのカードは出せません。

手札を入れ換えるにはまず手札から一枚を選んで捨てます。のこりの2枚は妨害カードの山札の一番下に置きます。

山札から2枚をとり手札にします。

ターンの最後に手札を1枚補充して勇者のターンに移ります。

以降、両陣営とも勝利を目指して繰り返します。

まとめ

評価:B+

1プレイ15分程度でサクッと楽しめます。

初期のファミコンにありそうなゲームのテイストなのが自分の好みど真ん中です。

ルールもシンプルでインストも手間がかからないのも良いですね。

運要素が強めですが、状況を判断して能力を使うかどうかなど悩ましさもあります。

またマップカードをめくるのが単純に楽しいです。

なにより職業が12種類と多く、組み合わせによるプレイが常に新鮮であること。

同様にマップの組み合わせ次第で毎回新鮮なプレイができるのも良いところですね。

個人的には好きなゲームですが、メインになるゲームではないかな、という事でBにしました。ただし軽いゲームが欲しい時にはおススメできるゲームです。