読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

アナログゲームラボvol.2 その2

『アロログゲームラボvol.2 その1』はこちら

アナログゲームラボvol.2 その1 - なゆひにボドゲ雑記

2日目の今日は友人と待ち合わせて遊んできました。

まずは『ワンナイト新郎』です。
f:id:nayuhini:20161113191510j:image

どこかで似たような名前を…?

と、タイトルからどんなゲームか察することができますね。w

『新郎』『新婦』『仲人』のチームと『元カノ』『元カレ』のチーム、『ユニ男』というチームに別れて正体を予想、最後に自分が誰と組むと得なのかを予想して指定、お互いに指定したプレイヤーの役割の組み合わせでチームに点数が入ります。

これはシンプルながら状況から得られる情報を元にお互いを信じあうゲームでとても面白かったです。人狼よりも嘘をついたりの罪悪感的ストレスも薄くライトに楽しめます。

次は『タイムボム』の海外でアレンジされたゲームです。
f:id:nayuhini:20161113203752j:image
これまた招待隠匿で探検者と先住民に別れます。手札のカードには『宝物』『通路』『罠』の三種類があります。それらを手札として配り、プレイヤーは自分の手札を確認したらシャッフルして場に伏せます。その際に手札にどのカードが何枚あったかを話すことができます。スタートプレイヤーは他のプレイヤーの話を参考に場札から一枚選びめくります。規定ターン内に探検者は『宝物』を全て見つけたら勝利、『罠』が二枚めくられた、もしくは『宝物』が全て見つけられなかったら敗北となります。
f:id:nayuhini:20161113203740j:image

これは面白かったですね。説明も簡単で1ゲーム15分ぐらい。何回もやる中毒性は無いですが少しやる分にはとても良いです。

アートワークも綺麗で品の高さを感じました。
f:id:nayuhini:20161113210458j:image

その他にもクトゥルフ版もあるようですが、これらは海外販売のみという事で、日本では『タイムボム』を買いましょう。w

『タイムボム2』もあるようでこちらも気になるところです。

あとはEJIN研究所さんで『ハコオンナ』の第二版で変わった部分を教えてもらいました。チップがPP加工されていて傷が付きにくくなったそうです。また説明書も大きく変わって分かりやすくなったみたいです。

そして初版の『ハコオンナ』のチップが傷ついてしまった場合、交換も可能とのことですが、うーん申し訳ない。

第二版ももうひとつ買おうかなぁ…。

最後に散々迷いつつも″ゲームの殿堂″さんのブースで『あの旗…』を購入。このゲームの説明はまた後日!
f:id:nayuhini:20161113214314j:image

そんなこんなで友人とロール&ロール、駿河屋、イエサブを巡って神田でゲムマ秋の打ち合わせをして解散。

今週もボードゲームを満喫した楽しい週末でした!