読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

2人可能

交易王 感想

これ、とても良いゲームです。 シンプルなコンポーネントなのに、とても奥深いジレンマがあり、ゲーム後の満足度が非常に高かったです。 プレイヤーは商人となり、『胡椒』『塩』『藍』『銅』『綿』『麻』の6種類の商品を交易し、得た資金を元手に船や商館を…

ソードアート・オンライン ソード・オブ・フェローズ 感想

大人気ライトノベル原作のアニメ『ソードアート・オンライン』のボードゲームが、ゲームマーケット2017春で先行販売されたので買ってきました。 プレイヤーはキリト達作品のキャラクターとなって協力してアインクラッド攻略を目指します。 ボードゲーム初心…

コヨーテ 感想

いわゆるトランプの『インディアンポーカー』をアレンジしたゲームです。 ルールが簡単で誰でも楽しめる汎用性があり、大人数で盛り上がれるパーティーゲームです。 ゲームの仕様 人数:2~10名 時間:10分~ ジャンル:パーティー・心理戦 ゲームの概要 イ…

T.I.M.Eストーリーズ 感想

このゲームは時空間移動を可能にしたT.I.M.E機関に所属するエージェントとなり、時間を移動をして事件の謎を解くゲームです。 与えられた時間内に、仲間と協力しながら様々な謎を解き、どの行動が正しかったのか何回もタイムリープを繰り返して真実に近づい…

グラデュエーションフォトレコーズ 感想

ゲームの仕様 人数:2~4人 時間:15分 ジャンル:既存ジャンルに収まらず ゲームの概要 このゲームは写真部の高校生となり、卒業アルバムを作成する甘酸っぱい青春の空気がただようゲームです。アルバムの台紙に写真をレイアウトしていくのですが、上に写真…

ROOM25 感想

ゲームの仕様 人数:1~6人 時間:30分 ジャンル:ダンジョン脱出、協力、正体隠匿、対戦 ゲームの概要 映画『CUBE』のような設定のダンジョン脱出ゲームです。 『対決』『チーム戦』『協力』『疑念(正体隠匿)』などいくつかのモードから選んで遊ぶことが出…

ラビリンス 感想

1986年に製作された歴史のあるゲームです。 確かにゲームシステムのシンプルさや、コンポーネントのアートワークに古さを感じますが、むしろ古き良きテイストですね。 ゲーム概要 プレイヤー人数:2~4名 プレイ時間:30分 ジャンル:パズル/ダンジョン ル…

K2 感想

ゲームの仕様 人数:1~5人 時間:60分 ゲームの概要 その名の通り世界で2番目に高い山″K2″に登る登山ゲームです。 実際の登山家がゲームデザインに参加しているとの事で、テーマの再現度が高く、かつシビアなゲームになっています。 システムやコンポーネン…

アンダーカバー2 (Heimlich & Co) 感想

1986年のドイツ年間ゲーム大賞の作品です。 1986年ということは30年以上前の作品ですね。 コマの大きさやシンプルなルールに時代を感じましたが、″面白さ″は不変だということを改めて思わされました。 概要 正体隠匿系すごろくゲーム。 珍しいジャンルの組み…

ヒット・ザ・ロード 感想

前から遊びたかった『ヒット・ザ・ロード』がようやく遊べたので感想を書きます。 概要 ゾンビが蔓延したアメリカ。シカゴからLAを目指して、ゾンビに襲われながらも旅をする8日間のロードムービー的なゲームです。 何よりテーマが良い!ゾンビ映画好きには…

ふたつの街の物語 感想

概要 プレイヤーは都市プランナーとなり左右のプレイヤーと協力して街を作ります。 左右の街で低い方の点数が点数になります。 そのため左右どちらも素敵な街にする必要があります。 箱絵や『ふたつの街の物語』という名前から中世の都市間の貿易ゲームを彷…

パッチワーク 感想

2人用の対戦型のボードゲームです。 リソースを管理しながら、ボードの上にテトリスやブロックスのように設置するパズル要素も含んだゲームです。 運要素は弱く状況判断や戦略が求められる頭脳的なゲームです。 個人的には『バトルライン』や『ロストシティ…

『ハコオンナ』訪問者プレイヤーのコツ

『ハコオンナ』の訪問者プレイヤーのためのコツをまとめてみました。訪問者にとって特に重要なのはマップ作りと序盤です。またゲーム中に共有したほうが良い情報と悪い情報もまとめました。 ハコオンナプレイヤーのコツはこちら→ハコオンナプレイヤーのコツ …

ダンジョニング 感想

ゲーム概要 8bit風なダンジョン探索ゲーム。 プレイヤーの一人が魔王となり、残りのプレイヤーは勇者としてダンジョンを探索する多対一の協力&対戦ゲームです。 勝利条件 魔王は山札か尽きる(=魔力をためきった)、もしくは勇者全員を倒したら勝利です。 …

王と道化 感想

『王宮のささやき』『王への誓願』に続く『王~』シリーズにして、初めての二人対戦ゲームです。 ゲームのルールについてはこちら 王と道化 ゲーム紹介 概要 今回はボードの上に駒があり、手札からカードを出すことで駒を動かして『王』駒もしぬは『王冠』チ…

王と道化 ゲーム紹介

ゲーム紹介 プレイ人数:2人専用 プレイ時間:約20分 ゲーム難易度:低 二人専用の対戦ゲーム。 2軸16マスのボードの上に5個の駒と1個のチップを動かすシンプルなゲームです。 手札を出して駒を動かし、『王』か『王冠』を自分の陣地に迎えると勝利です。 た…

私の世界の見方 感想

プレイ人数:2~9人 プレイ時間:30分(調整次第で5分でも遊べる) ルール難易度:とても簡単 概要 お題カード(「私の世界カード」)に書かれたお題の文章には伏字になっている箇所があり、手札の回答カード(『それカード』)から当てはまると面白いものを…

『ハコオンナ』ハコオンナプレイヤーのコツ

※2016年11月25日「作戦」を追記しました。 何度か『ハコオンナ』をプレイして、ハコオンナ役を幾度かやった経験からトップ”ハコオンナ”を目指すための手記を残します。 訪問者プレイヤーのコツはこちら→訪問者プレイヤーのコツ 最初に取るべき能力は? No.4…

コードネーム 感想

概要 2つのチームに分かれてスパイマスターの出すヒントをもとに、自分のチームのコードネームを推理するゲームです。 感想 評価:B 「何て言えば相手に伝わるんだろう?」「相手は何を伝えたいんだろうか?」と考えるジレンマが面白さとなり盛り上がれる楽…

パンデミック・クトゥルフの呼び声 感想

クトゥルフをテーマにしたパンデミックということで、ゲームファンにとってはたまらない夢の作品。ということで、やってみました。 感想を一言でいうと「パンデミックが少しミニマムになって凝縮された」感じかな。 マップのマスが少なくなり狭く感じ、役職…

アニュビスの仮面 感想

ルール ダンジョンの地図を作る協力型のゲームです。VRゴーグルを被ると1分だけダンジョンの一部を覗く事ができるので、言葉や手振りでその他のプレイヤーに内部を伝えます。その情報をもとに残りのプレイヤーは地図を組んでいきます。1分経って出来上がった…