読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

ちんあなごっこ 感想

ゲームの仕様 人数:3人~5人 時間:15分 ジャンル:バッティング ゲームの概要 カッパ・カワウソ・ウサギの三匹のちんあなごハンターに依頼をして、より多くのちんあなごを捕獲します。ただし海の監視員に見つかると捕獲できないので注意しましょう! ゲー…

そっとおやすみ 感想

シンプルながら注意力や演技力が求められる駆け引きが楽しいゲームです。 ゲームの仕様 プレイ人数:3~7人 プレイ時間:15分 ジャンル:心理的駆け引き 上段左から『箱』『説明書』『スタートマーカー』 下段左から『手札』『ジョーカー』『得点札』 ゲーム…

ラビリンス 感想

1986年に製作された歴史のあるゲームです。 確かにゲームシステムのシンプルさや、コンポーネントのアートワークに古さを感じますが、むしろ古き良きテイストですね。 ゲーム概要 プレイヤー人数:2~4名 プレイ時間:30分 ジャンル:パズル/ダンジョン ル…

アンダーカバー2 (Heimlich & Co) 感想

1986年のドイツ年間ゲーム大賞の作品です。 1986年ということは30年以上前の作品ですね。 コマの大きさやシンプルなルールに時代を感じましたが、″面白さ″は不変だということを改めて思わされました。 概要 正体隠匿系すごろくゲーム。 珍しいジャンルの組み…

ダンジョニング 感想

ゲーム概要 8bit風なダンジョン探索ゲーム。 プレイヤーの一人が魔王となり、残りのプレイヤーは勇者としてダンジョンを探索する多対一の協力&対戦ゲームです。 勝利条件 魔王は山札か尽きる(=魔力をためきった)、もしくは勇者全員を倒したら勝利です。 …

王と道化 感想

『王宮のささやき』『王への誓願』に続く『王~』シリーズにして、初めての二人対戦ゲームです。 ゲームのルールについてはこちら 王と道化 ゲーム紹介 概要 今回はボードの上に駒があり、手札からカードを出すことで駒を動かして『王』駒もしぬは『王冠』チ…

私の世界の見方 感想

プレイ人数:2~9人 プレイ時間:30分(調整次第で5分でも遊べる) ルール難易度:とても簡単 概要 お題カード(「私の世界カード」)に書かれたお題の文章には伏字になっている箇所があり、手札の回答カード(『それカード』)から当てはまると面白いものを…

コードネーム 感想

概要 2つのチームに分かれてスパイマスターの出すヒントをもとに、自分のチームのコードネームを推理するゲームです。 感想 評価:B 「何て言えば相手に伝わるんだろう?」「相手は何を伝えたいんだろうか?」と考えるジレンマが面白さとなり盛り上がれる楽…

パンデミック・クトゥルフの呼び声 感想

クトゥルフをテーマにしたパンデミックということで、ゲームファンにとってはたまらない夢の作品。ということで、やってみました。 感想を一言でいうと「パンデミックが少しミニマムになって凝縮された」感じかな。 マップのマスが少なくなり狭く感じ、役職…