なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

ボードゲームをジャケ買いするゲーム

先日、友人と「ボードゲームをジャケ買い」する遊びをしました。 ようするに"ボードゲームのパッケージの表面だけを見て「面白そう」なゲームを買って遊ぶ"遊びです。 ルールは、下記です。 パッケージの表面だけで面白そうなものを選ぶこと お互いが知らな…

老師敬服 感想(レビュー)

道場を運用する拡大再生産&ワーカープレイスメント。「敬服」という他プレイヤーのアクションをコピーする行動を活かせるかが特徴の国産ゲーム。 何年か前の同人版のゲムマ発売前体験会で遊んで以来2度目のプレイ。 トークン入れなどコンポーネントが豪華に…

ミープルサーカス 感想(レビュー)

バランスよくコンポーネントを積み上げるアクションゲームです。 ミープルに板、動物、円盤などのコンポーネントを選んで取ります。そして制限時間内にそれらのコンポーネントを組み立てて、お題の形を再現することで得点が得られます。 3ラウンド行って一番…

汽車は進むよ (Jedzie pociąg z daleka) 感想(レビュー)

タイルを配置して線路を伸ばし、汽車を進めて駅に到着させるパズルゲームです。 普段はあまり見ることの少ないポーランド発のゲームという事で珍しさもあり買ってみました。 プレイヤーはタイルを配置して汽車を進めるだけなので本当にシンプルです。 インス…

ボドゲショップ店員が初心者にオススメするゲームについて

旅行先でボードゲームショップに寄るのが好きなんです。 どこでもだいたい置いてあるものは一緒なんですが、中古に掘り出し物がないか結構ワクワクするんですよね! とあるお店での出来事 日本でも有数の大きな街の大きなショッピングビル。その一画にあるプ…

ファーストクラス 感想

"オリエント急行"をテーマにしたワーカープレイスメントです。 鉄道系ゲームですが、全員で共有するようなマップボードに車両を進めるタイプではなく個人ボードで進めるゲームです。 全6ラウンドでプレイ時間は1時間ぐらいの"よくあるミドル級のゲーム"です…

フェイ ルール&感想

プレイヤーは聖霊となりこの地に迷い混んだドルイド達を誘導させて儀式をさせます。 招待隠匿系陣取りパズルゲームです。 1つのスペースのドルイドを動かしてまとめていきます。まとめられたドルイドは儀式を行い得点を得ます。 ただし条件を満たしていない…

クアックサルバー 感想(レビュー)

完全日本語版が発売されたばかりの『クアックサルバー』を遊ばせていただきました。 袋に入っているトークンを引くドキドキの「運要素」を中心に、トークンの合計数値がバーストしないように引き際を見極める「心理要素」、トークンを購入してデッキを作る「…

「バランスが悪い」だけど面白いものもある

少し前のことですが『センチュリー:イースタンワンダーズ』で遊びました。 前評判通り、前作『センチュリー:スパイスロード』よりもバランスが良くなっていて楽しかったです。 バランスがよくなった 前作では自分の手番の時に、”場に出ているカード”が良い…

ボードゲームを一生の趣味にするために

我ながら大仰なタイトルですね。 言い過ぎたかな?(^_^;) とにかく「ボードゲームを長く遊んでいきたい」という内容です。 ボードゲーム引退 先日、「ボドゲ引退」とプロフィールに書かれていた方をSNSで見かけ、少し寂しい気持ちになりました。 「そうかぁ…

テラフォーミングマーズ 感想(レビュー)

購入直後に一度遊んだきりで、しばらく放置していましたが、拡張が発売されたきっかけで久しぶりに遊びました。(拡張入れずにおさらいプレイ) 日本語版の発売から一年ぐらい経ってますが、今でもあちこちで遊ばれている人気の作品ですね。 ゲームシステムは…

テラミスティカ 感想(レビュー)

ゲームの概要 人数:2~5名 プレイ時間:120分 参考:インスト混みで初心者5人で3時間でした。 運の要素は一切ない戦略的な重ゲーです。 自分の種族を統率し領地を拡大します。領地に住居を建てたらさらに反映させて町をつくります。また教団に司祭を派遣し…

シュッテルス(ノームの村) 感想(レビュー)

ゲームの概要 プレイ人数:2~6名 プレイ時間:30分 カップを上手く振って狙った数の駒を出すアクションゲームです。 その結果、お金をもらえたり支払ったりを繰り返し、一番お金を持っていたプレイヤーの勝利となります。 ゲームの感想(レビュー) 評価:B+…

グリッズルド 感想(レビュー)

ゲーム概要 全員で協力して山札と手札を破棄するのが目的のゲームです。 各手番に1枚ずつ手札をプレイしますが、場に同じ試練が3枚そろってしまうとミッションに失敗してしまいます。ギリギリまで手札を減らしたらミッションに失敗するまえに撤退して、仲間…

テラミスティカ インスト用資料

注意:このページは、『ティラミスティカ』のルールを理解した人が初めてプレイする人に口頭での説明をするための"原稿"です。 そのため、ボードに記載してあるような"見ればわかる"情報は省略しています。また原稿のため、モニターや印刷した状態で読みやす…

センチュリー イースタンワンダーズ インスト用まとめ&レビュー

『センチュリー スパイスロード』に告ぐセンチュリーシリーズの第二弾。 シンプルながら奥深い、拡大再生産の名作である前作の思想を引き継ぎ、より自由度が増してバランスが良くなりました。 インスト用資料(PDF:A41枚)作りました インスト用に簡単に説…

うんちしたのだぁれ? 感想

ゲーム概要 反射神経と記憶力が求められるパーティーゲームです。 ただテーマが「うんち」ゆえに、一気にアホっぽく(^_^;) テーマ 部屋の真ん中に誰がやったかわからないうんちがひとつ。誰がやったのか、飼っている6種類のペットが容疑者にならないように証…

ガンシュンクレバー

『BrettspielWelt』でWeb版の『ガンシュンクレバー』が開始されたので、最近はずっとこれで遊んでます。 GanzSchönClever - Schmidt Spiele ようやく200点台後半が安定して出せるようになってきたので、気が付いたポイントを書いていきたいと思います。 全部…

Fallout(ボードゲーム) 感想

人気ビデオゲームの『Fallout』のボードゲーム版が発売前から話題で面白そうだったので買って遊んでみました。 うん、厳ついパーケージ。惚れ惚れする。 恥ずかしながらビデオゲームの方は遊んだことがないため「Fallout 世界観」で検索し予習してみました。…

ブゥドゥープリンス 感想

先に上がるほど安全だけど得点は少なく、後になるほど得点は多くなるが、最後に残ってしまうと微々たる得点しか得られないチキンレース要素の強いゲームです。 プレイ人数:2~5名 プレイ時間:20分 ゲームの概要 使うのは、数字が書かれた5色のブゥドゥーカ…

カルバ 感想

カルバ島を訪れた4人の探険隊を遺跡に導いて、より素晴らしい財宝を手にしましょう! プレイ人数:2~4名 プレイ時間:30分 ゲームの概要 プレイヤーは各自に配られたカルバ島のマップボードに、道が描かれたマップタイルを配置して探検家と遺跡を道で繋ぎま…

GANZ SCHON CLEVER(ガンシュンクレバー)感想

ドイツ年間ゲーム賞2018にノミネートされた『GANZ SCHON CLEVER(ガンシュンクレバー)』です。一言でいうとダイスを使ったビンゴゲームですね。 プレイ人数:1~4人 プレイ時間:30分 ゲームの概要 振ったダイスの色と出目を見て、付属のシートの対応した箇…

illusion(イリュージョン) 感想

カードに描かれたさまざまな模様から既定の色がどれだけの面積を占めているかを推測するゲームです。 プレイ人数:2~5名 プレイ時間:15分 ゲームの概要 山札から1枚ずつカードを引いて、矢印カードの色の総面積が多い順番に並べていきます。自分の手番に並…

illusion(イリュージョン) インスト用資料

ゲームの概要 引いたカードの絵柄を見て、指定された色の割合が多い順番に並べていくゲームです。 簡単なようですが、複雑な模様のせいで"なんとなく"でしかわからない感覚が試されます。 色の割合を見て判断するだけだから子供でも充分に遊べるカードゲーム…

カルバ・カードゲーム 感想

プレイヤーはカルバ島を訪れた探検隊のリーダーとなり、探検家をそれぞれの遺跡に導きお宝を狙うゲームです。 同名のボードゲームのシンプル版ですが、ゲームシステムの一部にフォーカスを当てつつ別の要素を盛り込んでいるため、おおざっぱには似ているもの…

111カードゲーム 感想

手札を番号の少ない順、もしくは大きい順に並べていくゲームです。 ただそれだけなので簡単そうに見えるのですが、手札は配られたままで並べ替えてはいけないので、意外と大変です。 場札から1枚取り、手札と交換していきます。手札が全部数字順に並んだプレ…

サフラニート 感想

プレイヤーは料理長となって、盤面にディスクを投げこんでスパイスを競り落とし、ブレンドスパイスを完成させるゲームです。 独特なアクションが特徴的ですが、競りやセットコレクションとさまざまな要素が含まれていて深みのあるゲームです。 プレイ人数は2…

サフラニート インスト用資料

テーマの説明 プレイヤーは料理長となり、スパイスを購入・販売をくりかえし、ブレンドスパイスを作るのが目的のゲームです。 ゲームの概要 チップを投げ込んでスパイスを競り、競りで得たスパイスを売却し利益を得たら、また競りを行い繰り返しスパイスを増…

AZUL アズール 感想

タイル職人となってタイルを買い付けては壁に並べるだけのシンプルなゲーム。 まず見た目がおしゃれ! 「おいおいシステム面についてじゃないのかよ!」と自分でも思いますが、ボードゲームがブームになってきた今、この"おしゃれ"というのが重要だと思って…

AZUL アズール インスト用サマリー

テーマ説明 スペインのアルハンブラ宮殿の装飾に魅了されたポルトガルの国王。プレイヤーは国王に命じられたタイル職人となり、美しいタイルの壁を作ります。 ゲームの概要 皆でタイルを取り合って、壁を作っていきます。タイルを壁に埋めると勝利点を獲得し…