読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゆひにボドゲ雑記

ボードゲームについてのあれこれの雑記です。

ふたつの街の物語 感想

2人可能 3人可能 4人可能 5人可能 6人可能 7人可能 1人可能 ボードゲーム感想 評価:A

概要

プレイヤーは都市プランナーとなり左右のプレイヤーと協力して街を作ります。

左右の街で低い方の点数が点数になります。

そのため左右どちらも素敵な街にする必要があります。

箱絵や『ふたつの街の物語』という名前から中世の都市間の貿易ゲームを彷彿とさせますが、実際は工場やオフィスなどもあるシンプルなSimCityのようなゲームです。

ルール説明

ゲームは全部で3ラウンドあります。

1ラウンド目ではまず全プレイヤーが都市タイルを7枚取ります。

都市カードは『商店(黄)』『工場(灰)』『酒場(赤)』『オフィス(青)』『公園(緑)』『住居(茶)』の6種類あります。

手札の中から2枚を選んで場に伏せます。

全員が都市タイルを場に伏せ終えたら一斉にオープンします。左右のプレイヤーと相談して出した都市タイルを組み合わせて都市を作っていきます。ゲーム終了時に都市は4×4マスの正方形の形になります。

最後に使わなかった都市タイルを左隣のプレイヤーに回します。右隣のプレイヤーから受け取ったら、都市タイルが1枚になるまで同じ事を繰り返します。

都市タイルが1枚になったら1ラウンドが終了です。

2ラウンド目は都市タイルの代わりに、都市タイル二つ分の大きさの二重都市タイルを3枚取って2枚を選びます。1ラウンド目と同様に左右のプレイヤーと相談して都市に設置します。2ラウンド目は3枚しか取っていないので、使わなかった1枚は回さずに捨て札にします。

最後の3ラウンド目はほとんど1ラウンド目と一緒ですが、使わなかった都市タイルは右に回します。

3ラウンドが終了すると4×4マスの正方形の都市が出来上がり得点を計算します。

得点計算

得点計算の元になる役はカードに記載されており、いつでも見ながら都市タイルを配置することができます。
f:id:nayuhini:20170122154413j:image

商店(黄)

商店は縦横どちらでも直線に並ぶことで得点になります。長く並ぶことでより高い得点を得られます。最長4枚で16点得られます。

工場(灰)

工場の数×工場の多い順で決まる倍率で得点を計算します。1位は4倍、2位は3倍、3位は2倍になります。例えば工場が3つで他の都市と比べて一番多くの工場があれば、3×4で12得点となります。

酒場(赤)

酒場には4種類のマークがあり、多くの種類を揃えると得点になります。4種類全部集めると17点になります。

オフィス(青)

枚数が多いとより多くの得点が貰えます。最大6枚で21点です。さらにオフィスは酒場と隣接していた数だけ追加で1点ずつボーナスが貰えます。

公園(緑)

一辺でも隣接して繋がっている公園の枚数によって得点になります。1つだけの場合は2点、2つは8点、3つは12点となり以降は増えた数だけ1点ずつ追加していきます。

住居(茶)

住居は工場に隣接していると1枚1点です。

工場と隣接していない場合は、住居の得点はその都市に設置されている住居以外のタイルの種類数になります。

まとめ

評価:A-

個人戦なのに左右とは協力という複雑な関係性が独特です。

勝敗よりも街を作るのが楽しいかったり。一度やれば他の人にも説明ができるシンプルなルールと1プレイ30分ぐらいでできる軽さも良いですね。プレイ人数も7名までできる幅広さもあって遊ぶシーンは多そうです。

左右の街で低い得点の方が自分の点になるといところはよく考えられていますね。このルールがあるから左右両方ともバランスよく育てる必要が出てきて、ゲームに深みが出てます。

難点を言うのであれば個人的な勝敗が薄くなるので競技性が弱いところでしょうか。

とはいえゲームのプレイ自体が楽しいのでこれはこれで充分かと!

『ボードゲームのいろはにほへと』感想

去年のゲームマーケットで買ってからちょこちょこ読んでいたものの、ちゃんと通して読むことができていなかったので、年末年始で読み直しました。

これは本当に良い本です。

ボードゲームはなかなか体系的な資料が少ないので、ゲームデザインに興味がある人には特にお勧めします。

この本は上巻と下巻の2冊構成でできていて結構なボリュームです(各200ページ強)。

上巻は草場純さん・沢田大樹さんによるボードゲームの歴史から始まり、有名デザイナーのカナイセイジさん・川崎晋さん・梶尾忠英さんによるゲームデザインやアイデア発想法について。

下巻は建部伸明さんによる世界のボードゲーム市場について、渡辺範明さんによるボードゲームの企画について、萬印堂さんによる印刷所からみるボードゲーム、小野卓也さんによるジャーナリストから見た日本のボードゲームのこれから、となっています。

歴史から実践的なゲームデザインについて、またマーケットやマーケティングまで幅広く書かれていてとても実用的です。

ゲームデザインについては個人的には物足りなさもありましたが、デザインの基本は抑えられていて初学者には非常に良いかと思います。

個人的に良かった内容として、印刷所の話やマーケットの話は、ゲームデザインの先にある”ゲームを売る”という事の現実的な側面を語ってくれており、とても貴重でためになりました。

この本は時々手を取って読み返したくな

パッチワーク 感想

2人可能 ボードゲーム感想 評価:A

f:id:nayuhini:20170101193114j:image
2人用対戦型ボードゲームです。

リソースを管理しながら、ボードの上にテトリスブロックスのように設置するパズル要素も含んだゲームです。

運要素は弱く状況判断や戦略が求められる頭脳的なゲームです。

個人的には『バトルライン』や『ロストシティ』に並ぶ2人用ゲームの名作だと思っています。

ルールもシンプルで30分程度でサクッとあそべる手軽さも良いですね!

ルール説明

プレイヤーの真ん中に置いた時間ボードの駒を進めながら、ボタンを得たり、ボタンを支払ってパッチを購入して自分のボードに設置したりを繰り返していきます。

時間ボードのゴールに両プレイヤーの駒が到着するとゲームは終了します。

最後に保持しているボタンの数が勝利点となります。ただし自分のボードにパッチを置けなかったマスの数がペナルティとして勝利点からマイナスされるため、多くのボタンを集めながらいかに無駄なくパッチを自分のボードに置けるかがポイントです。

また7×7マスを隙間なくパッチで埋めるともらえるボーナスや、時間ボードで最初に通過したプレイヤーがもらえる1×1マスのパッチなどイレギュラーな要素もあります。

このゲームの面白いところは時間ボードの最後尾に居るプレイヤーが常に手番という事です。なのであえて相手の駒を追い越さないようにすると自分の手番を増やすことができます。

とはいえ時間ボードの上には最初に通過したプレイヤーが貰える便利な1×1マスもあるため駒を先に進めるかどうするか場面によっては悩ましくなります。

自分の手番で行える行動は2種類。

  1. 相手の次のマスに自分の駒を移動させる。移動したマスの数だけボタンを得る。
  2. ボタンを支払ってパッチを購入。そのパッチに書かれた時間数だけ駒を進める。

 取れる行動はシンプルに2つだけですが、基本はパッチを購入を優先します。(自分の駒を進めるのはパッチを購入できずボタンを得るため、もしくは時間ボード上の1マスパッチを得るためぐらい)

購入できるパッチは、環状に置かれたパッチタイルの中にある駒から時計回り方向に置いてある3個のうちのどれかしか購入ができません。

パッチは様々な大きさと形があり、またそれぞれ支払うボタンのコストや進めなければいけない自分の駒の時間がかかれています。今の自分のボードの状況をみてどのパッチを買うと良いのかを総合的に判断するのが非常に悩ましく面白いところです。

まとめ

評価:A

まずはパッチを買うコストとしてボタンが必要、だけどボタンを得るためには時間ボードの駒を進めなければならない、ただし時間ボードを進めると自分の手番が減る、、、という悩ましさがよくできています。

ボタンを支払ってパッチを買うのか、パスしてボタンを入手するのか拡大再生産的なシステム要素と、どの形のパッチを手に入れるか、手に入れたパッチをどう置くのかパズル的要素が両立した非常に質の高いゲームです。

またアートワークも可愛くボードゲーム初心者にも親しみやすいゲームだと思います。長時間じっくりやるゲームではないですが、30分ぐらいでボードゲームの醍醐味が味わえる良いゲームだと思います。おススメ!

『ハコオンナ』訪問者プレイヤーのコツ

2人可能 3人可能 4人可能 5人可能 ハコオンナ

『ハコオンナ』の訪問者プレイヤーのためのコツをまとめてみました。
訪問者にとって特に重要なのはマップ作りと序盤です。
またゲーム中に共有したほうが良い情報と悪い情報もまとめました。

ハコオンナプレイヤーのコツはこちら→ハコオンナプレイヤーのコツ

マップつくりのコツ

マップ次第で難易度が大きく変わるのでよく考えてマップの配置をしましょう。
特に2か所ある”怨”と書かれた部屋(子供部屋&赤い部屋)の位置が重要です。
極力、訪問者の初期位置である1Fホールから遠くに設置をしましょう。
ハコオンナは初期位置として怨部屋にしか置けないので、怨部屋の配置次第で序盤のアドバンテージが変わってきます。
また可能であれば二つの怨部屋を近づけて、ハコオンナの通り道を一本道にしましょう。
一本道にすることで訪問者のアイテム”ポックリさん”を使うとハコオンナが通ったかを特定することができます。
序盤だけが安全に探索ができるので、これをいかに活かせるかが鍵となります。
マップ次第では最大5ターンまで稼ぐことが出来るので、その間に地下室や2Fをくまなく探索できることもできます。
ただしハコオンナの初期能力に注意!
初期能力が”イツワリノコエ”だった場合、”ポックリさん”に嘘つかれる可能性があるので、予め訪問者アイテムの”スマートフォン”で能力を確認しておくと良いでしょう。
怨部屋が遠くに置けなかった場合は、いっそ2Fにも部屋を置いて1Fと分散するのも良いでしょう。
1Fと2Fで分散できれば訪問者アイテム”ダウジングロッド”を使うことで、どちらの階が安全かを調べることが出来るようになります。

勝利パターン

訪問者には条件を満たすことで確実に勝利をする方法があります。
ただし条件を満たすまでが大変なので参考程度にお読みください。
【勝利条件】

  • 弱点アイテムが判明している
  • 弱点アイテムを保持している
  • 箱男が一人もいない

この3つの条件がそろっている場合は、おとり役のプレイヤーがハコオンナにわざと捕まることで位置を特定し、とどめ役のプレイヤーが弱点のアイテムを使って倒すことができます
かなりの運がないとこの条件はそろいませんが、覚えておいて損はありません!

もっとも重要な訪問者アイテムは

このゲームは訪問者の誰かがリスクを背負わなければならない時もあります。
そんな時はもっとも犠牲にしてはいけない人は訪問者アイテムで”演繹的推理法”を持っている人です。
演繹的推理法はハコオンナと同室内で唯一使える能力であり、序盤から終盤まで場面を問わず安定して使える汎用性の高さが魅力です。
これ以外の能力は中盤以降で常にリスクが付きまとい、使用できるタイミングが限られているため利用価値が低くなります。
次点は”ダウジングロッド”です。
ただし2Fが1室のみだったり数が少ない場合は、残念ながらあまり機能しません。
ポックリさん”はピンポイントでハコオンナの場所を確認することができるものの、ピンポイント過ぎて場所の特定には向いていません。
どちらかというと特定個所の安全を図るほうが向いています。
また誰かと同室に居ないと使えないという事で制限があるのもネックです。
そして一番利用価値が薄いのは”スマートフォン”です。
これは最初のターンで初期能力を知ることには非常に有意義ですが、ハコオンナの動きからある程度能力が判定できることもあり序盤以降はあまり活躍できません。
頑張って物陰を探しに行きましょう!

会話をして良い内容、悪い内容

訪問者同士の会話はハコオンナにも伝わるので注意が必要です。
なので話をしても良い内容と悪い内容をまとめてみました。

話をして良い内容

  • 金庫の番号
  • 金庫の位置(書斎内での移動)
  • 亡骸の位置
  • 弱点について

状況次第で共有したい内容

  • 秘密の脱出口の位置

秘密の脱出口を知っていたのに箱男になってしまうと訪問者側の損失になります。
ただし秘密の脱出口はハコオンナが待ち伏せをしやすい場所でもあるので、ハコオンナがまだ知らない状況では共有しなくてもよいかと思います。

会話をしてはいけない内容

  • 保持アイテムについて

誰が何を持っているかがわかると狙われやすくなります。
またハコオンナの能力”ソノコガホシイ”にて奪われる可能性もあるので口にしないのが良いでしょう。

最後に

訪問者は常にリスクと隣り合わせですが、ハコオンナからしてみると自分の場所を開けてもらえない限り攻め手にかける面もあります。

リスクにおびえるよりも積極的に開けに行く勇気こそが最大の武器です。
訪問者よりもゴーストバスターズの気分で頑張りましょう!

持っているボードゲーム

目次(一覧)20161230更新

  1. キング・オブ・トーキョー:2~6人/30分/初心者~
  2. パンデミック:2~4人/1時間/上級者向け
  3. アニュビスの仮面:2~7人/30分/初心者~
  4. 幻獣屋物語:2~4人/60~90分/中級者~
  5. 王たちの同人誌:3~5人/15分/初心者~
  6. ゲットスィートラブ:2~4人/30分/初心者~
  7. ゲットスマートラブ:2~4人/30分/初心者~
  8. レジスタンス:5~10人/30分/初心者~
  9. 幻影探偵団:3~4名/1時間/上級者向け
  10. バトルライン:2名/30分/初心者~
  11. 惨劇ルーパー:2~4名/3時間/超上級者向け
  12. キャット&チョコレート:3~6名/20分/初心者~
  13. ゴキブリポーカー:2~6名/20分/初心者~
  14. 王への請願2~5名/45分/初心者~
  15. ザ・ゲーム:1~5名/30分/初心者~
  16. ストリートファイターライバルズ:2名/5分/初心者~
  17. ニムト:2~10名/30分/初心者~
  18. 知ったか映画研究家:3~10名/5分/初心者~
  19. ブラックストーリーズ:2名~/10分/初心者~
  20. 海底探検:2~6名/30分/初心者~
  21. 藪の中:3~4名/20分/初心者~
  22. 横暴編集長2~5名/30分/初心者~
  23. 光ネッサンス:3~6名/20分/超上級者向け
  24. ゴースト:2~6名/15分/初心者~
  25. プララーヤ2~5名/30分/中級者~※説明書紛失中
  26. ハコオンナ:3~5名/45分/初心者~
  27. カードオブザデッド:2~5名/10~30分/未プレイ
  28. のびのびTRPG:3~5名/30~60分/初心者
  29. 真打:2~4名/20分/未プレイ
  30. Pig10:2~8名/15分/初心者~
  31. 命の砂時計:3~5名/未プレイ
  32. 私の世界の見方:2~9名/30分: 2016年11月追加
  33. マイス/mythe:2~5名/20分/初心者~:2016年11月追加
  34. あの旗・・・:3~5名/20分/初心者~:2016年11月追加
  35. 百怪夜行:24名/20分/未プレイのため不明:2016年12月追加
  36. 王と道化:2名/20分/初心者~:2016年12月追加
  37. カタン:3~4名/60~90分/初心者~:2016年12月追加
  38. カタンの開拓者カタンの拡張版です:2016年12月追加
  39. リビドー:3~6名/40~60分/初心者~:2016年12月追加
  40. オリンポス:2~6名/未プレイのため不明/初心者~:2016年12月追加
  41. ダンジョニング:3~5名/10~20分/初心者~:2016年12月追加
  42. デモンワーカー:3~4名/40分/初心者~:2016年12月追加
  43. Night Clan:2~4名/10分/未プレイのため不明:2016年12月追加
  44. アストライオス:2~4名/10分/未プレイのため不明:2016年12月追加
  45. NEU-ノイ限定生産ホラー版-:2~7名/10分/初心者~:2016年12月追加
  46. ファンタジーコメンテーター:2~5名/20~25分/中級者~2016年12月追加
  47. ニエモン:2名/10~15分/未プレイのため不明:2016年12月追加
  48. 世界滅亡:3~7名/10~20分/未プレイのため不明:2016年12月追加
  49. ミノスの迷宮:4~7名/未プレイのため不明:2016年12月追加
  50. カルカソンヌ:2~5名/60分/初心者~:2016年12月追加
  51. ケルトカード:2~4名/20分/初心者~:2017年1月追加
  52. チェックポイント/チャーリーの捜査犬3~5名/30分/初心者~:2017年1月追加
  53. 村の人生2~4名/60~90分/中級者~:2017年1月追加
  54. ふたつの街の物語1~7名/30分/中級者~:2017年1月追加
  55. アグリゴラ:1~5名/人数×30分/上級者~:2017年1月追加
  56. バランスアイスキューブ:2~4名/10分/初級者~:2017年2月追加
  57. ラビリンス2~4名/30分/初級者~:2017年2月追加
  58. LOONY QUEST2~5名/20分/初級者~:2017年2月追加
  59. それは俺の魚だ2~4名/20分/初級者~:2017年2月追加
  60. ちんあなごっこ:3~5名/15分/初心者~:2017年2月追加
  61. 魔法のラビリンス(コンパクト)2~4名/20分/初級者~:2017年2月追加
  62. そっとおやすみ3~7名/10分/初級者~:2017年3月追加
  63. T.I.M.E STORYS2~4名/90分/上級者~2017年3月追加
  64. デカスレイヤー3~6名/30分/初級者~2017年3月追加
  65. グラデュエーション フォトレコーズ2~4名/15分/初級者~2017年3月追加

 購入予定

ダンジョニング 感想

ボードゲーム感想 2人可能 3人可能 4人可能 5人可能 評価:B

ゲーム概要

f:id:nayuhini:20161221185435j:image
8bit風なダンジョン探索ゲーム。

プレイヤーの一人が魔王となり、残りのプレイヤーは勇者としてダンジョンを探索する多対一の協力&対戦ゲームです。

勝利条件

魔王は山札か尽きる(=魔力をためきった)、もしくは勇者全員を倒したら勝利です。

勇者はダンジョンの奥にいる魔王の居場所にたどり着ければ勝利です。

ルール概要

準備

まずは勇者は職業を12種類の中から選びます。勇者の人数が2人の場合は2枚選びます。

各職業には特殊能力があり、また最大体力も異なります。

魔王は妨害カードから3枚選びゲームから除外します。残りの妨害カードを山札とし、上から3枚を取り手札にします。

次はマップの作成です。

玉座カードを左上に、入り口カードを右下になるように5マス×4マスの大きさでマップカードを裏面で敷いていきます。

マップができたら魔王のミープル(黒)を玉座カードに、勇者のミープルを入り口カードの上に起きます。

これで準備は終了です。

手番説明

まずは勇者のターンです。

勇者は『1.待機』『2.移動』『3.能力』のいずれかの行動ができます。

待機をすると体力を1回復できます。

行う行動を決めたら、行いたい行動を上向きに行動カードを一斉に出します。

行動は『1.待機』『2.移動』『3.能力』の順番で解決します。

移動をするとまずはマップカードをめくります。マップには様々なトラップや回復の泉がかいてあります。能力を使いながら魔王の玉座を目指しましょう。

次は魔王のターンです。

魔王は『魔力をためる』『妨害する』『手札を入れ換える』の3つから行動を選びます。

魔力をためるには手札から一枚を選び裏面で場に出します。妨害するには手札から一枚を選んで表面で出します。妨害カードには必要な魔力が書かれており、場に出ている魔力が足りないとそのカードは出せません。

手札を入れ換えるにはまず手札から一枚を選んで捨てます。のこりの2枚は妨害カードの山札の一番下に置きます。

山札から2枚をとり手札にします。

ターンの最後に手札を1枚補充して勇者のターンに移ります。

以降、両陣営とも勝利を目指して繰り返します。

まとめ

評価:B+

1プレイ15分程度でサクッと楽しめます。

初期のファミコンにありそうなゲームのテイストなのが自分の好みど真ん中です。

ルールもシンプルでインストも手間がかからないのも良いですね。

運要素が強めですが、状況を判断して能力を使うかどうかなど悩ましさもあります。

またマップカードをめくるのが単純に楽しいです。

なにより職業が12種類と多く、組み合わせによるプレイが常に新鮮であること。

同様にマップの組み合わせ次第で毎回新鮮なプレイができるのも良いところですね。

個人的には好きなゲームですが、メインになるゲームではないかな、という事でBにしました。ただし軽いゲームが欲しい時にはおススメできるゲームです。

リビドー 感想

ボードゲーム感想 3人可能 4人可能 5人可能 6人可能 評価:A

先日のゲームマーケット2016秋の四等星さんブースで購入した『リビドー』を遊んできたので感想書きます。
f:id:nayuhini:20161220210322j:image

戦略的エロ本収集ボードゲーム』とテーマが本当に卑怯なほどアホ!w

注意:誉め言葉です。

アホだけどネタに終わらず、ゲームとしても良くできています。

箱は横幅35.5cm×縦幅22.5cm×深さ3cmと大きめながら価格は2,500円と安心価格。(ゲムマ価格)

※2017年2月12日追記:イエローサブマリンで3500円で販売していることを確認

ゲーム概要

f:id:nayuhini:20161221183857j:image
エロ本を自分の部屋に隠して、兄弟(他プレイヤー)や母親に見つからないようにたくさん収集するゲームです。

戦略や運の要素もありますが、ライバルプレイヤーの心理を読むゲームです。

男子オンリーでのプレイなら、昔のエロ本の思い出などを語り合いながらやるといっそう盛り上がります。w

ちなみにテーマがエロ本収集ですが、推奨プレイヤー年齢が『13歳』以上(中学生)というのがポイントですね!

勝利条件

誰かがエログッズを5点集めた、もしくは山札が尽きたら終了し、その時点で収集したエログッズの合計得点が一番高かった兄弟の勝利となります。

ゲームの流れ

まずはエログッズの入手します。

たまっているリビドーの値をみて(値が高いと行き先の幅が広がります)行き先を決めたら行き先カードを場に伏せます。
f:id:nayuhini:20161221205549j:image

兄弟全員が行き先を決めたら、スタートプレイヤーからメインフェイズを開始します。

まずは『勇気』と『リビドー』を合計2つまで回復します。

その後、伏せておいた行き先カードを公開します。

行先がコンビニや書店などでEグッズを購入しようとした場合に限り、他のプレイヤーと行き先がバッティングしていないかを時計回りで確認をします。バッティングしてしまった場合は、いやらしい目つきで「おやおやぁ(どやぁ)」と言われ心に傷を受けたうえでエログッズを入手することも叶わずに終わります。

バッティングしなかった場合は、行き先に規定されている枚数を山札からめくり、一枚を選んで残りを山札に戻します。

カードにはエログッズの他に攻撃や防御に使えるカードがあります。

求められるリビドーが高いアダルトショップなどは、山札から多くの枚数をめくることができ、有利なカードを手に入れやすくなります。

また兄弟が出払っている間に、兄弟の部屋に忍び込んで隠してあるエログッズを失敬することもできます。

忍び込む兄弟の部屋と隠し場所を指定し、隠し場所にエログッズがあれば横取りすることができます。

また河原に行けばダイス目次第で勇気を使わずに『濡れたエロ本』を入手することができます。

兄弟全員が行動したらメインフェイズは終了します。

メインフェイズのあとは、ママフェイズに移ります。8面ダイスを振った出目次第で、ママの機嫌が変わったり、部屋の隠し場所の掃除が始まります。

f:id:nayuhini:20161221205905j:image

機嫌が良いときはリスクがほぼ無いのですが、機嫌が悪くなると、とたんに掃除魔となりエログッズが殲滅されます。ママに見つからない隠し場所もあるのですが、場所が限られるので兄弟に失敬されやすくなります。

ただし他の兄弟から守ろうと自分の部屋にこもると新しいエログッズが手に入らないというジレンマ。本当に良くできていますね!

ママフェイズまで終わったらスタートプレイヤーが次の兄弟にうつり、勝利条件を達成するまで繰り返していきます。

まとめ

評価:A-

アホなテーマのインパクトが強いですが、ゲームとしても心理を読む楽しさや悩ましさが上手くデザインされており、とても良い作品です。

ただし人や場所を選ぶかな?w

また過去のエロ本経験談などメタ的にも情緒深く楽しめます。

コンポーネントやアートワークは好き嫌いがありそうですが、このゲームの場合はそれも味かな?と思わせる不思議な魅力があります!w

なかなか入手は困難そうですが、ここまでの珍品はなかなか無いので、コレクションとしても価値のありそうな一品です。

【追記】

先日のボードゲーム会で6人プレイをしていたところ、バッティングが頻発しリビドーが低いまま長時間のプレイ(2時間ぐらい)になったとのことで、プレイする際の人数が多い場合は時間を考えてプレイしましょう。